読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひといきついて、ひといき

たわいもない雑感、

カトマンズからクアラルンプール

朝、朝食を食べて少し買い物してルピーを消費。


 11:30頃に泊まっていたゲストハウスでタクシーを呼んでもらって空港へ。600Re。 
途中、渋滞に巻き込まれて空港に着いたのは 12:15 頃。

 malindo air で 15:35 の予定なので十分に時間はある。 

チェックインの入り口が二ヶ所あるので、モニターでマリンドエアーの表示を確認するもまだカウンターが表示されない。 
ぷらぷらして時間をつぶしていたら、モニターにチェックインの表示がされる。 
が、カウンターは表示されない。 

入れば何とかなりそうなので A の入り口から入る。 

入り口で係員に e チケットのプリントアウトを見せて荷物のX線検査を受けて入ってみれば、入り口のA も B も中で繋がっているのでカウンターを探してチェックイン。 

荷物チェックでは、ライターを没取される。 

スムーズにチェックインをして、二階に上がりイミグレを通過。

直ぐに荷物チェック、かと思ったら免税店やらコーヒーショップなどがあり休憩する場所もあり。

フリー wi-fi との看板があったので接続を試みるも繋がらず。 

若干のルピーがあったのでパンを買って、残り20Re。 

Ncell のデータプランの残りを使いながらネットして時間つぶし。 

ボーディングの30分ほど前に手荷物チェックを受けて待合室へ。 


なかなか見かけない飛行機が並んでます。

 

 


しばらくするとマリンドエアーが到着。

 

 


少し遅れているようだ。 


しばらくして機内に乗り込んで、飛行機が動きだしたのが 16:05 

だが、滑走路で順番待ちで離陸したのが 16:25 。

 飛行機はB737-800 

機内は、八割方の乗客。 

LCC なのにシート間隔は広めでエアアジアより拳一つぶんは余裕がある気がします。

 

 


水平飛行になってしばらくしたら、水とクラッカーが配られる。 


その後、簡単な食事が出される。 

チキンかベジタリアンか、と聞かれて「チキン」。 
料理は、チキンビリヤーニでした。 

 

各座席にはモニターがあるので映画やらテレビドラマなどが見る事ができます。

 

 



映画だと、ハリウッド、ボリウッド、中国、タミル、インドネシアの映画がラインナップ。 

各映画はインドネシア語の字幕がついてました。 


離陸して3時間ぐらいしたら前方にカミナリが光っているのが見える。 

嫌な感じがしたが、雲を回避したようでそれほど揺れることもなくてよかった。 


離陸してから 4時間半ほどでクアラルンプールに到着。

 KLIA 1のサテライトに止まったので電車に乗ってメインターミナルへ。 
イミグレも人が少なく並ばずに通過。 


荷物を取り KLIA 2 に向かう。 
1→2 へは、一階 G フロアのバス乗り場から 2.5 RM。 

バスの運行時間は、05:30 ~ 23:50 とゲートに表示されていた。

バスには行き先も何も書いていないので係員か誰かに聞いた方がいい。 
料金は、バスの運転手に支払う。 

10分もかからずに KLIA 2 に到着。 

乗り継ぎが 07:05 の飛行機なので KLIA 2 で夜明かし。 


もう少し時間があれば、KLIA 2 にはカプセルホテルもあるので利用するのもありかも。 
カプセルホテルは、バスを降りて建物に向かって左側の端にあります。 


とりあえずチェックインカウンターのあるところまで行ってみたら、座るところもないのでバスの発着する階まで戻って一休み。